台湾、ご飯どうする?

私が台湾に来る前、来た後も気になったのが「ご飯」をどうするか!朝・昼・晩外食も珍しくない台湾。台湾で「ご飯どうする?」となったときに参考になれば幸いです。台湾で留学中の20代女です。

台湾朝ごはんの定番、三明治

20170112170422

 

三明治とは?

はてなブログ今週のお題「朝ごはん」ということで

今回は台湾の朝ごはんの定番「三明治」。

 

「三明治」と初めて見たとき明治時代?明治が3つ?

「チョコレートは〇〇♪」?

など私は思ったのですが「明治」に意味はないです。

 

三明治はサンドイッチのことです。

読み方は

三明治 サンミンジ san1 ming2 zhi4 

「三明治」と書くのは"sandwich"と発音が近いからだそう。

 

台湾には朝ごはん専門店が多くあります。

お店の看板に早餐(ザオツァン zao3 can3)や早點(ザオディエン  zao3 dian3)

と書いてあったら朝ごはん専門店。

サンドイッチ以外にも、中華式のものからサンドイッチのような西洋式のものまで

色々なメニューがあります!

 

朝ごはん専門店では、注文するとその場で作ってくれる場合が多いです。

でも、時間がないときは作り終えるまで待てません!

時間がないときに、私がよく買うのがサンドイッチ。

 

大体の朝ご飯専門店にすでに完成したサンドイッチが並んでいます。

数種類のサンドイッチがあると思うので、好きなものをチョイスして

レジに持っていけばOKです。

 

台湾のサンドイッチ、日本との違い

なんだサンドイッチか、普通ー。

日本にもあるわー。

と思った方、ちょっと待ってください。

 

台湾のサンドイッチと日本のとの違いは「三明治」という名前だけではありません!

 

マヨネーズが甘いです。

 

私が台湾で初めてサンドイッチを食べたとき、

日本でサンドイッチを食べる際にはない違和感を感じました。

3回ぐらい台湾でサンドイッチを買い、気づいた原因が「マヨネーズ」です。

 

台湾のマヨネーズに酸味はありません!

かなり甘めの卵焼きの味がします!

 

私はマヨネーズの酸味が苦手です。

なので、日本のマヨネーズの塗られたサンドイッチより

台湾の甘いサンドイッチが好きです。

 

サンドイッチ、実食!

 

20170112170431

 

起司三明治です。

起司(チースー qi3 si1)はチーズ。

 

20170112170430

 

 2層のサンドイッチでパンは焼いてあり香ばしくて美味しいです。

おしゃれなカフェで出るクラブハウスサンドイッチみたい!

と勝手に喜んで食べています。

上層はレタスに甘いマヨネーズとケチャップ。

ケチャップの入ったサンドイッチ、初めて食べました!

酸味が加わって好きです。

 

20170112170423

 

下層は両面焼きの半熟の卵、卵の下にチーズがあります。

食パン3枚でなかなか十分なボリューム!

 

サンドイッチ、その2

 

20170112170021

 

燻鶏三明治です。

正確な名前は忘れました。

パンを対角線上に半分に切った3層サンドイッチです。

見た目結構分厚いですが、パンも具材も柔らかいので、

分厚過ぎて食べにくい!ということはないです。

適度な分厚さとボリュームで時間がなくてもササッと食べられます!

 

台湾のサンドイッチは2層や3層のサンドイッチが多いと思います。

コンビニのサンドイッチも3層。

なので初めて買ったときは「あれ?パンがわかれない!」と戸惑いました。

マヨネーズは甘いです。

 

値段は?

サンドイッチの具材によります。

私が買っている(台湾南部)は

20元台~40元台ぐらいです。

今回の起司三明治は25元、燻鶏三明治は30元。

おしゃれそうなお店に行くともっと高いです。

 

私は大体サンドイッチに合わせて豆乳の豆漿(ドウジャン dou2 jiang1)

も注文するのでプラス10元~15元になります!