台湾、ご飯どうする?

私が台湾に来る前、来た後も気になったのが「ご飯」をどうするか!朝・昼・晩外食も珍しくない台湾。台湾で「ご飯どうする?」となったときに参考になれば幸いです。台湾で留学中の20代女です。

台湾朝ごはん、蘿蔔糕

 蘿蔔糕って?

蘿蔔糕(ルオボガオ luo2 bo gao1)の「蘿蔔 」とは大根のことで、「糕」は中国語でケーキを表す「蛋糕(ダンガオ dan4 gao1)」などに用いられる字です。

蘿蔔糕は柔らかく茹で細かく刻んだ大根に、米粉や片栗粉を混ぜて蒸したもの。

日本語では「大根餅」と訳されるようです。

 

蘿蔔糕は台湾の朝ごはん屋によくあるメニュー。「香港式(シャンガンシー xiang1 gang3 shi4)蘿蔔糕」や「港式蘿蔔糕」と表記されていることもあります。

蘿蔔糕は香港では旧正月に食べられる料理だそう。

 

ちなみに台湾の朝ごはん屋で「蘿蔔糕」、「(香)港式蘿蔔糕」の両方を食べた事がありますが、今のところ違いは見つけられていません。

 

蘿蔔糕 、実食

今回は直近で食べた2つの異なる朝ごはん屋の蘿蔔糕です!

蘿蔔糕1

20170129135038

上の白っぽい四角いものが蘿蔔糕。店員さんが注文後、鉄板で焼いてくれました。

蘿蔔糕が元は大きめの長方形で、一口サイズにヘラで切りながら油を引いて焼きます。

 

蘿蔔糕は餅のようには伸びないですがモチモチで、ゴワゴワしたような食感。

あっさりした味で大根の味は感じたことがないです。

 

上の蘿蔔糕にはベーコン?ハム?のカケラも入っています。上の写真、ピンク色の粒なんですが見えるでしょうか。

 

蘿蔔糕2

20170129135037

2つ目の蘿蔔糕は両面焼きの目玉焼き付き。

屋台形式のお店で出来上がった蘿蔔糕がすでに店先に置いてありました。

1つ目の蘿蔔糕よりもキツネ色に焦げ目がしっかり付いてサクサクした食感がプラスされています。

 

蘿蔔糕はあっさり目の味なので、甘いドロッとしたタレをかける場合が多いです。

今回は持ち帰りなので写真左上のように小袋に入ったタレを貰えました。暗くて見づらいですが.....

 

蘿蔔糕、値段は?

私の行ったことのある朝ごはん屋(台湾南部)では、

15元〜30元位でした。

1円=4元とすると、60元位からでしょうか。

 

蘿蔔糕はモチモチして美味しいんですが、なかなか油っぽいので二日酔いの日はおすすめしません。