台湾、ご飯どうする?

私が台湾に来る前、来た後も気になったのが「ご飯」をどうするか!朝・昼・晩外食も珍しくない台湾。台湾で「ご飯どうする?」となったときに参考になれば幸いです。台湾で留学中の20代女です。

台湾で牡蠣!夜市の定番、蚵仔煎

台湾で牡蠣!夜市の定番、蚵仔煎

台湾で有名なのが夜市。

台湾に滞在や旅行する場合、夜市はおそらく必ず行くことになると思います。

台湾の夜市は日本の屋台とは異なり、お祭りに関係なく日常的に開催されています(お祭りでも開催されます)。

 

台湾の夜市では日本の屋台でも定番の焼きもろこしや串焼きなどもあるのですが、

台湾っぽい料理を食べたい時におすすめなのが「蚵仔煎」

蚵仔煎の読み方は中国語だとクーザイジエン(ke2 zai3 jian1)ですが、

台湾語のウーアーチェンの方が一般的に使われるそうです。

 

蚵」は牡蠣のことで、蚵仔煎は牡蠣や野菜などを卵でオムレツのように包んで焼いたもの。

お店によって卵の焼き具合やタレの味などが少しづつ変わります。

私は卵が半熟のトロっとしたものが好きです。

 

夜市で蚵仔煎を食べる

最近夜市で食べた蚵仔煎を紹介します!

 

20170214003233

 

今回の蚵仔煎に入っていたのは牡蠣の他、もやしに何らかの葉物野菜。

柔らかい卵にシャキシャキ感の残るもやしが良く合います。

写真全体に映っている赤いものはタレで、日本で食べる甘めのエビチリソースのような味&ドロッとかげんでした。

 

20170214003231

 

 手のひら2個分ぐらいのサイズの蚵仔煎には5個ぐらいの牡蠣が入っていました。

牡蠣の大きさは大小あって2cmから4㎝ぐらい。

 台湾人の知人いわく、牡蠣は小さめの方が美味しいそうです。

 

ここで牡蠣の味のレポートをしたいところなのですが実は以前、台湾で牡蠣にあたってしまい牡蠣を怖くて食べることができません.....。

牡蠣恐怖症になる前に食べた蚵仔煎の牡蠣を思い出してレポートすると、「ミルキー」という言葉がぴったりだったように思います、確か(;´∀`)

 

蚵仔煎は1人で食べると多いので2人で分けて食べたのですが、私は牡蠣以外を食べました。

 

ちなみに上の写真の牡蠣の上部に見える透明っぽいものは、サツマイモの粉からできたモッチリ食感のもので、

 

20170214003232

 

 上の写真のようにビヨーンと伸びます。

私は牡蠣は食べられませんが、このモッチリビヨーン食感のものと柔らか卵にシャキッともやし、甘くドロッとしたタレの組み合わせが好きで十分楽しめます。

 

蚵仔煎の注意点

蚵仔煎には牡蠣に当たることがあるよ!という注意点はあるのですが、他にも注意点があります。

 

夜市で蚵仔煎を食べて美味しくないと感じても「蚵仔煎=微妙」と決めつけないで!

ということ。

 

夜市は色々なお店があって楽しいのですが、美味しいお店の集まりではありません。

日本の屋台も美味しいよりも、どちらかというと雰囲気を楽しむものではないでしょうか。台湾の夜市もほぼ同様だと私は思います。

夜市で色々見て、食べる中の1つに日本では珍しい蚵仔煎があると楽しいのでは?

と思います。美味しい美味しくないは別として。

でも夜市でも美味しいと有名な蚵仔煎はあります。

 

美味しい蚵仔煎を求める場合、おすすめなのが滞在先や旅行先で評判の高い蚵仔煎の店をググって行くこと。

何となく夜市で美味しい店を当てるより確実です。

 

台湾南部で蚵仔煎を食べるならおすすめは台南の観光地「安平(アンピン an1 ping2)」のお店。

安平には蚵仔煎のあるお店が多くあります。

お店の傍では牡蠣を殻からむく様子が見られ、牡蠣の殻の山がうず高く積み上がっていました。きっと新鮮な牡蠣で、むきたての牡蠣を使った蚵仔煎を食べることができます。

私も牡蠣に当たる前に行ったことがあり、ミルキーな牡蠣とトロッと卵の美味しい蚵仔煎を食べました!

 

蚵仔煎の他にも、焼き牡蠣を食べられるお店もあり安平は牡蠣で有名な町だそう。

牡蠣恐怖症の私にはもう関係ないですが.....。

 

蚵仔煎、値段は?

蚵仔煎の値段は50元~60元ぐらいです。

1元=4円とすると200円~240円ぐらい。

 

ちなみに牡蠣は1度当たったら、もう食べたらダメと言われたんですが本当でしょうか?今回ブログを書いていたら食べたくなったんですが.....。

 

 

 元宵節の花火大会↓にも夜市がありました。一言も夜市について書いてないですが(;´∀`) 花火最高でした!

www.hutsukawa.com