台湾、ご飯どうする?

私が台湾に来る前、来た後も気になったのが「ご飯」をどうするか!朝・昼・晩外食も珍しくない台湾。台湾で「ご飯どうする?」となったときに参考になれば幸いです。台湾で留学中の20代女です。

台湾でパリパリッ、可麗餅

可麗餅って?

可麗餅とは日本でもおなじみフランスの料理、「クレープ」のこと。

読み方は

可麗餅 クリービン ke3 li4 bing3

でフランス語のCrêpeの発音に似せたのだと思います。

 

台湾では可麗餅のお店や屋台をちょくちょく見かけます。私の部屋の近所だと自転車で10分以内の距離に3軒ぐらい。

 

以前、日本人の友人に

「台湾のクレープはパリパリなんですよ!」

と聞いてから気になっていたので、今回可麗餅に初挑戦してみました!

 

可麗餅は本当にパリパリ?

 ずっと気になっていたパリパリックレープ(可麗餅)。

本当にパリパリの可麗餅なのかお店で早速注文してみました!

 

 メニューには可麗餅の種類として「軟式(ルアンシー ruan3 shi4)」と「脆皮 ツイピイ cui4 pi2)」が。

おそらくパリパリなのは「脆皮」の方だろうと思い「脆皮」を選択。

すると店員さんが日本でも見たことのある手順で、丸い鉄板に生地を流してヘラで薄く伸ばして焼いていきます。

 

1分、2分.....数分経って可麗餅の端の方からやや焦げ始めても店員さんは焼き続けます。店員さんと対面で私は1人で待っていたので、沈黙が続き時間が経つに連れて何となく気まずい雰囲気に(;´∀`)

5分ぐらい経った頃に具材を生地に載せて、さらに焼くこと数分。

生地を巻いて、凄く熱いらしく扇風機に当てて冷まして!!

 

20170215175333

 

受け取ったのが上の写真の可麗餅。

日本にはないこんがりキツネ色になっています

 

20170215182524

 

キツネ色になるまで焼かれた可麗餅は、手で簡単にパリッと割れます!

念願のパリパリッ可麗餅ゲットに成功しました!

 

20170215175334

 

 ちなみに中は上の写真のような感じ。

日本の柔らかいクレープにはない立体感で固いので形が崩れません。

 

中の具材はイチゴなど甘い系もあったのですが、昼ごはん代わりにしたかったのでサラダ系の「花生玉米(フアーシェンユウミイ hua1 sheng1 yu2 mi3)」を注文。

花生はピーナッツ。日本語でも落「花生」ともいいますよね!

今回はピーナッツクリームが塗られていました。

玉米はトウモロコシです。

さらにフレンチドレッシングもチューブでかけてくれました。

 

パリパリッな可麗餅の味は南部せんべいのようでした。

ピーナッツクリームが塗られていたので、ピーナッツ入りの南部せんべいといった感じ。

焼き過ぎてる!というより香ばしくて美味しかったです。

ピーナッツクリーム+トウモロコシ+フレンチドレッシングも初めての組み合わせでしたが意外と美味でした!

 

20170215175335

 

 食べ進めていくにつれ上の写真のようにバリバリになっていきます。

パリパリッで、嚙んでいると「ザクザク」と音がする程しっかり焼かれています。

時間が経つにつれピーナツクリームが生地に浸み込んで生地が柔らかくなっていくのも、また美味しかったです!

 

台湾の可麗餅は全部パリパリ?

私の台湾人の言語交換相手に

「台湾のクレープって普通パリパリなの?」

と聞いてみたところ

「パリパリです。日本のは柔らかいですね。」

とのこと。

 

パリパリ可麗餅が一般的なようです。

 

今回可麗餅を買ってから、調べてみたのですが「日本(日式)軟式可麗餅」という名前で日本で一般的な柔らかいクレープも台湾で売っているようです。

今回行ったお店にも「軟式」という種類があったのできっと「軟式」を注文すれば日本式の柔らかい可麗餅だったのだと思います。

 

台湾で日本にあるような柔らかいクレープが恋しくなった時には「日本(日式)」や「軟式」の文字を探せばいいようです!

 

可麗餅、値段は?

私が買ったお店(台湾南部)は、

30元~60元程でした。

1元=4円とすると120円ぐらいで食べることができるという感じでしょうか。

 

ジャムやクリームだけだと30元、果物や肉など具材が豪華になると高くなっていました。

今度は甘い可麗餅も試してみたいと思います!

 

 

www.hutsukawa.com

 

www.hutsukawa.com

 

www.hutsukawa.com