台湾、ご飯どうする?

私が台湾に来る前、来た後も気になったのが「ご飯」をどうするか!朝・昼・晩外食も珍しくない台湾。台湾で「ご飯どうする?」となったときに参考になれば幸いです。台湾で留学中の20代女です。

台湾朝ごはん、鹹豆漿

台湾朝ごはん、鹹豆漿って?

豆漿(ドウジャン dou4 jiang1)とは豆乳のことで、台湾で「豆漿」とだけメニューにある場合は大体甘いもの。

でも今回の鹹豆漿は「鹹(シエン  xian2)=しょっぱい」で甘くなく塩気のある温かい豆漿です。

豆漿は台湾の朝ごはん屋に必ずと言っていい程ありますが、鹹豆漿はない朝ごはん屋も多いです。鹹豆漿は煎餃 (=ギョウザ)など中華式メニューのある朝ごはん屋ならあるかな?ぐらい。

鹹豆漿、味は?

今回は近所の朝ごはん屋で鹹豆漿を買ってみました。

 

20170219155554

 

 今回の鹹豆漿は豆乳というより中華風卵スープのような味でした。卵は入っていませんが。

スープに白く浮いているものは豆漿が固まったもの。大きめの塊は湯豆腐のようなフワフワ食感でした!

 

20170219155553

 

スプーンの上に載っているのは油條という小麦粉を練って揚げたもの。

揚げただけの油條はザクザクとした食感なのですが、鹹豆漿に入った油條はフニャフニャで汁物にはいった「お麩」のような食感。味もお麩っぽかったです。

 

f:id:hutsuka-wa:20170217192908j:plain

 

ちなみに揚げただけの油條は上の写真。油條自体は油っぽい食べ物なのですが、鹹豆漿に入った油條は油っぽさはなく、まさに「お麩」!

 

20170219155555

 

他の具材は海苔やザーサイ、セロリ(たぶん)。

セロリ(たぶん)の独特のクセがスープに良く合って美味でした。

鹹豆漿、値段は?

鹹豆漿の値段は私の行ったことのある朝ごはん屋(台湾南部)は、

20元台前後です。

1元=4円とすると80円ぐらいでしょうか。

今回は小サイズだったのですが、大サイズだとプラス5元ぐらい。

 

 豆漿と油條についてはこちらに書いているので是非↓

www.hutsukawa.com