台湾、ご飯どうする?

私が台湾に来る前、来た後も気になったのが「ご飯」をどうするか!朝・昼・晩外食も珍しくない台湾。台湾で「ご飯どうする?」となったときに参考になれば幸いです。台湾で留学中の20代女です。

燒餅、台湾朝ごはん あっさり系

燒餅って?

中華式メニューのある台湾の朝ごはん屋によくあるのが燒餅(シャオービン shao1 bing3)。燒餅は練った小麦粉を焼いたパンのようなものです。


f:id:hutsuka-wa:20170223212053j:image

 

私が今回食べた燒餅は厚さ0.5cmぐらいでした。

ややモッチリ感と焼き目の香ばしさがあって、食感も味もカレーのナンのよう。

 

中華式の朝ごはんは、棒状の練った小麦粉を揚げた油條(ヨウティアオ you2 tiao2)や焼き餃子の鍋貼(グオティエ guo1 tie1)など油っぽいものも多いです。

(油條については数日前の記事に書いてみているのでぜひ。なぜか過去記事貼れない.....。)

 

なので燒餅は台湾っぽい朝ごはんを試したいけど、あっさり系が好きな方におすすめです。

 

燒餅は半分に切って、具を挟んで貰うこともできます。


f:id:hutsuka-wa:20170223214252j:image

 

今回は目玉焼きの荷包蛋(フバオダン he2 bao1 dan4)を入れてもらいました。

 

話が脱線していきます(^o^;

この燒餅を持ち帰ってから気付いたのですが、燒餅に調味料が何もかかっていませんでした。商品を受け取ってから店に置いてあったソースなど調味料を自分でかけないといけなかったもよう。

プレーンのナンっぽい燒餅+無調味料の目玉焼き.....

悪くないんですが私的には、何かが足りなかったです。

店に置いてある調味料を自分でかける必要のある店は台湾では多々あります。調味料を小袋に入れたり、かけてくれたりする店も多々あります。

店によるので、行き慣れない店だと今回のように「あ、別にいいけど、何か足りない.....」

となることもあります.....。

特に持ち帰りの時、注意です!

逆に、ソースかかり過ぎで味が濃すぎても嫌なんですが。わがままですね。

変わり種?!燒餅

先に紹介した燒餅は割りと普通のタイプ。

全麥燒餅という燒餅もあったので買ってみました!


f:id:hutsuka-wa:20170224033021j:image

 

上の写真が全麥(チュアンマイ quan2 mai4)燒餅。デニッシュパンを薄くした感じでした。バターがほんのり香ります。

生地は薄くてもしっかりと食べ応えがあってお腹が膨れました!

 

上の全麥燒餅の具はキャベツなど生野菜(=生菜 ションツァイ sheng1 cai4)と卵(=蛋 ダン dan4)で薄焼き卵です。フレンチドレッシングがかかっていて洋式っぽい味。

 

ちなみに全麥は小麦粉の1種、日本語で全粒粉というものだそうです。よくわかりません.....。

燒餅、値段は?

燒餅の値段、私が買ったことのあるお店(台湾南部)は

15〜50元ぐらい。

1元=4円とすると、60円ぐらい〜という所でしょうか?

燒餅の具が肉など豪華になると高くなっていきます。

卵だけなら20元ぐらいだと思います。

 

あっさり系の燒餅ですが、燒餅に揚げ物の油條を挟むこってり系スタイルもよく売っています!