台湾、ご飯どうする?

私が台湾に来る前、来た後も気になったのが「ご飯」をどうするか!朝・昼・晩外食も珍しくない台湾。台湾で「ご飯どうする?」となったときに参考になれば幸いです。台湾で留学中の20代女です。

蛋餅、モチモチ&しっとり台湾朝ごはん

蛋餅って?

蛋餅とは日本のクレープのような皮で薄焼き卵を包んだもので、台湾の朝ごはん屋定番のメニュー。
クレープのようと言っても、油を引いた鉄板で焼いているので皮は油っぽいです。


f:id:hutsuka-wa:20170306074855j:image

蛋餅のポイント1つ目はモチモチ&しっとりとした皮です!
しっかり焦げ目の付いた皮から見た目焼いた?と感じるほど白っぽいものまで、皮のモチモチ&しっとり具合はお店によります。

 

蛋餅で1番シンプルなものは皮に薄焼き卵が包まった「原味(yuan2 wei4)」。

蛋餅はモッチリ&しっとりとした皮も魅力ですが、原味以外にもある具材の豊富さも見逃せないです!

具材色々!蛋餅

原味以外にも卵にプラスして肉鬆(rou4 song1 ざっくりいうと、鮭フレークの肉版),培根(pei2 gen1 ベーコン)、火腿(huo3 tui3 ハム)、起司(qi3 si1 チーズ)など朝ごはん屋によって具材は色々。
今回は色々ある内2つを紹介します!

 

1.火腿
f:id:hutsuka-wa:20170306073224j:image

火腿(ハム)入りの蛋餅です。
ハムは日本のスーパーでお馴染みの丸いピンクのハムと味も食感もほぼ一緒。

上の蛋餅の皮は団子のような弾力と粘り気がありました!モチモチ好きには堪りません!

 

2.起司
f:id:hutsuka-wa:20170306073312j:image

起司(チーズ)の蛋餅です。
起司蛋餅とある場合、チーズはどの店もスライスチーズ(私の経験上は)。
熱い鉄板で焼かれたスライスチーズはトロットロ!
チーズ+卵+油で、私は朝に食べると胃が持たれます。なので蛋餅の具材中、起司が1番好きですが最近自粛しています.....。

皮に関しては、上の起司蛋餅は日本のクレープと似たモッチリ&しっとり食感、だったはず。
自粛中で半年近く前に食べたので記憶が薄いです.....
やや分厚い油っぽいクレープといった感じでしょうか。
今まで10店舗程度で蛋餅を食べた事がありますが、今↑に書いたような皮の蛋餅が多かったです。

 

ちなみにクレープのようでも、皮は甘くないです。
日本のご飯系クレープで、甘い皮(生地)が許せない方はぜひ台湾の蛋餅を!かなり理想の所謂ご飯系クレープだと思います。

 

あと見にくいですが、上の写真の皮に写る緑の小さなものはネギ。今まで食べた蛋餅の内3分の1ぐらいはネギ入りでした。ネギ嫌いの方は注意した方がいいかも!でもネギはほぼ無味ですが。

蛋餅、値段は?

私の行ったことのある店は
20元台〜40元台でした。
35元以上だと比較的高かめかなと思います。

蛋餅+豆漿(dou4 jiang1 豆乳)で結構お腹膨れます!