台湾、ご飯どうする?

私が台湾に来る前、来た後も気になったのが「ご飯」をどうするか!朝・昼・晩外食も珍しくない台湾。台湾で「ご飯どうする?」となったときに参考になれば幸いです。台湾で留学中の20代女です。

虱目魚(サバヒー)って?台湾でよく見るクセ強めな魚!

虱目魚って?

虱目魚(サバヒー)は台湾でポピュラーな養殖魚のこと。

お粥やスープ、焼き魚など色々なメニューを見かけます。

 スープ

f:id:hutsuka-wa:20170402095030j:image

上の写真は「魚皮湯(yúpítāng)」で文字通り虱目魚の皮入りスープ。

今回のスープの魚皮には、皮だけでなく身が0.5cm程の分厚目で付いていました!

虱目魚の特徴の1つは白い身です。写真が見にくいのですが↑、白い身が見えるでしょうか…


f:id:hutsuka-wa:20170402113035j:image

横から見ると↑のような感じです。

ちょっとグロテスク…

今回のスープには5×2cm程の魚皮が5枚程入っていました。

 

虱目魚はたっぷりの脂に、皮や皮付近のややヌルっとした食感も特徴的です。

さらに生臭さも残っているのでクセ強め。

虱目魚はたぶん鰻が苦手な方は無理かな?と思います。脂、ヌルっと加減、生臭さ、全て虱目魚の方が強いです。

 

今回のスープは虱目魚の出汁がしっかり出ていて濃厚でした!

量は1杯で味噌汁茶碗2杯強ぐらいとたっぷり!はじめは出汁が出ていて美味しかったんですが、中盤あたりから脂と生臭さにダウン気味でした。

2人でシェアが私は丁度良かったかも…

同じスープを一緒に食べた台湾人の方は最後まで1人で1杯分、美味しく完食できていました。 

人によるみたいですね。

 

焼き魚


f:id:hutsuka-wa:20170402113518j:image

↑は虱目魚の焼き魚。

左半分食べてから撮りました(^_^;)

鯖の一夜干しのように身が開かれていますが、干されてはいなかったです。

ふっくらしつつ、たっぷりの脂でしっとりした食感でした!

皮の辺りと、上の写真にも写っている黒い腹部が特に脂っぽかったです!

なんというか脂多めの焼き鮭の脂っぽい部分を、2倍ぐらい脂っぽくした感じです。

 

味付けは胡椒?でシンプル。でも虱目魚自体にクセがあるのでアッサリした感じはなかったです。

 

虱目魚、値段は?

虱目魚のスープは魚皮以外にも、魚肉のしっかりあるもの等もあります。

どのタイプでも50元前後ぐらい…

100元はしないと思います。

 

焼き魚の虱目魚は値段、忘れました。

 

ちなみに虱目魚のお粥もあります。

お粥の場合、牡蠣も一緒に大体入っているそうです!豪華ですね!私は牡蠣が無理なので食べませんが、牡蠣OKな方はお粥を是非!

昼、夕ご飯時の店もありますが、早朝から売っているお店もあります。

虱目魚のお粥は60元台〜100元台前半が目安かなと思います。