台湾、ご飯どうする?

私が台湾に来る前、来た後も気になったのが「ご飯」をどうするか!朝・昼・晩外食も珍しくない台湾。台湾で「ご飯どうする?」となったときに参考になれば幸いです。台湾で留学中の20代女です。

漢堡、台湾朝ごはん

漢堡って?

漢堡の読み方は

hàn bǎo ハンバァオ

ハンバーガーのことです。「ハンバ」の辺りまで日本語と似ていますよね!

 

漢堡は台湾の朝ごはん屋でよく見るメニューで、オバちゃんの切り盛りする古そうな朝ごはん屋でも意外とメニューにあります!

 ちなみに、日本にもあるハンバーガーチェーン店も幾つかあって、朝ごはんも日本同様あります。メニューは日本と一緒ではなかったはず。台湾では食べたことないです。

漢堡色々!

台湾の朝ごはん屋の漢堡はバンズの種類も具も色々です!

今回は朝ごはん屋で食べた4つの漢堡を紹介します。

 

1. 起司蛋漢堡


f:id:hutsuka-wa:20170414123356j:image

いきなり食べかけで汚くてすみません。

起司(qǐsī)はチーズ、蛋(dàn)は卵。スライスチーズと目玉焼きが入っていました。

バンズは噛むとすぐフニャっとなる昔ながらのパン屋にありそうなタイプ。ゴマも載っています。

 

2. 豬肉漢堡


f:id:hutsuka-wa:20170414124105j:image

豬肉(Zhū ròu)は豚肉。他にも目玉焼き、レタス?キャベツ?入り。

食べたのがかなり前で記憶にないです(;´∀`)

バンズは内側が焼いてあって、見にくいですが茶色くなってます。バンズがわざわざ焼かれていると何となく私は嬉しいです。香ばしいのっていいですよね。

 

3.米堡


f:id:hutsuka-wa:20170414125048j:image

米堡(mǐ bǎo)はライスバーガーのこと。めったに見かけないです。

具は、燻製の鶏肉(たぶん。忘れました。)

 

4.菠蘿堡


f:id:hutsuka-wa:20170414131126j:image

菠蘿堡(bō luó bǎo)は形も味もメロンパンのようなバンズです!

具は、目玉焼き、レタス、トマト、あとチーズも確か入っていました。

バンズの表面が焼かれていて、


f:id:hutsuka-wa:20170414131812j:image

見にくいですが内側も焼かれています↑。メロンパンのハンバーガーも初体験でしたが、外側も内側もこんがりと焼かれたメロンパンも初!

 

菠蘿堡、初めは美味しかったんですがハンバーガーのバンズが甘いのに慣れなくて、完食できなかったです…。

朝一は甘くて重いので、昼食での方が食べやすいかな?と私は思いました。

 

ちなみに、今まで「メロンパン」と連呼してきましたが、日本のメロンパンではなく香港の「菠蘿包」というパンのバンズのようです!

「菠蘿油」という菠蘿包をバンズのように半分切りにして、間に厚切りバターを挟んだものも台湾でたまに見かけます。

漢堡、値段は?

朝ごはん屋の漢堡は私が今まで見たのは、

25元〜60元ぐらい。

1元=4円とすると100円ぐらい〜です。

お店、具の種類やバンズの種類によってだいぶ値段が変わります。

普通のバンズより変わり種の米堡、菠蘿堡は高めです。

あと、起司(チーズ)入りになると+5〜10元ぐらい高くなる傾向があります!個人的にチーズ好きなので痛いです!

 

ちなみに、夜ごはんにもできるナイフ&フォークで食べる漢堡のお店もあります。値段は日本の同様の店の8割~10割ぐらいです。

 

 

台湾のマヨネーズは甘くて、漢堡に使われているマヨネーズも甘いです。台湾の甘いマヨネーズに関しては↓の三明治に書いてみたのでぜひ!

www.hutsukawa.com